» 2016 » 9月のブログ記事

現代社会においては、日常生活に車が浸透してきつつあるのではないかと考えられています。この傾向は複数のエリアで確認されるものとなりつつあり、全国的な規模で自動車が日常生活の一部分を形成するものになっているのではないかと推測されています。また、車の所有の在り方も多様化してきており、カーリースやレンタカーなど、車のサービスを適時使用する人も飛躍的に増加しているとみられています。車を借りることに関して、抵抗なく実践する人が増えてきているとも言えるのではないでしょうか。

スバルレヴォーグを値引きする方法とは?

26fb36fe0d3ef1f48371245d50a25203_s
日常において移動のための手段として車を活用する人も、幅広い年代において散見されているのではないでしょうか。そのため、日常生活の一部分に溶け込んでいるという認識が一層強いものとなることにも繋がってきており、多方面で強い関心が寄せられていると言えるでしょう。車の種類や性能も多様化してきつつあるとみられていることから、このようにして日常生活の一部に浸透していく動向は継続的に確認されるのではないかと思います。今後は自動車を利用する機会を有する人が更に多くなっていくと考えられているため、日常生活により浸透していくのではないかと強く期待されています。

3745ee82c155b1671025c1e67c2ce9c4_s

ジムニーやハスラー、エスクードなど、レジャーシーンに強く遊べるSUVを世に送り出しているスズキが、新たに遊べるコンパクトSUV「イグニス」をデビューさせました。
1.2Lエンジンに低燃費なマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた、5ナンバーサイズのコンパクトなイグニスは、スズキがSUV造りで培ってきた技術を惜しみなくつぎ込み、いかなる路面状況やシーンでも楽しく走れる車になっています。
エスクードと最新型アルトを合わせたかのような、押し出しの強い角形ボディを持つイグニスは、走行状況に応じて自動的に前後輪にトルクを配分する最先端の4WDシステムと、雪道や凍結路での発進・走行をアシストするグリップコントロール、急な下り坂も安全に降りられるヒルディセントコントロールなど、どのようなシーンでも安全・快適に走れる性能を持っています。また、前方の障害物を検知するデュアルカメラブレーキサポートや、駐車が楽になる全方位モニターなどの最先端の安全技術も搭載されています。
ラゲッジルームは広いうえに開口部が広く、リヤシートを折り畳めばフラットな荷室が完成し、数多くの荷物を積み込むことができます。リヤシートはスライドが可能で、ゆったりした空間を作ることができます。