» 2015 » 8月のブログ記事

10年以上昔のレガシーB4に未だに乗ってます。当時300万円以上の高級車でしたが、中古で購入した時は車両本体38万円。それでもフルタイム4WDでターボ装備の260馬力!今でも通用する戦闘力。無骨な昔のデザインもお気に入り。お年寄りなので、できるだけ急加速や急制動は避けて大事に乗ってます。それでも経年劣化でオイル漏れとかセンサーの故障とか、時々発生しますが丹念に修理して乗ってます。

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s
ところで今年の4月、自動車税納付書が届きました。いつものように中を開けて、納税額を見てビックリ!45400円??『何かの間違いか?』昨年までは39000円位だったはずだが、6000円程度高い。この車、3ナンバーじゃないぞ!役所の間違いでも無さそうだし、不思議に思いインターネットで検索してみました。すると驚愕の事実が。新車登録から13年経過した旧車は、自動車税が割高になるとの事。さらに調べると、古い車は排ガスがクリーンじゃないとか環境に厳しいので、グリーン税とかの名目で増税されてるそうな、、冗談じゃないですよ、真のエコという物は、安易に古い物を捨てて新しく買い換える事ではなく、古い物を大事にして使い続ける事に有るのではないでしょうか?この増税の真の目的は、新車を買わせる。つまり製造業を活性化させる事に有ると思います。政策ですね。経済的には分からなくもないけど、資源的には無駄が多いと思います。
古い車の部品は日に日に手に入り難くなるし、増税されるし、旧車の所有者には厳しい時代がやって来たものです。

65aa53fe4d3a47272e71c35db5702d3b_s

みなさんはどのような車に興味をもっているのでしょうかね。私が最近車で興味を持っている車があるのですが本当に高いですよね。しかし色んなメーカーさんから色んな車が存在しますがこのような車は本当になかなかめずらしいのではないのでしょうか?日産のノートニスモSというくるまなのですが本当にすごいくるまではないのかなとおもっています。特に世界最高峰はF1といわれていますが世界の最高峰のツーリングカーのレースはスーパーGTです。そのなかでこのレースではホンダとトヨタと日産が再戦しているのですが、日産はスカイライン35GTRをつかって数々の優勝をしています。特に日産モータースポーツインターナショナルのニスモはモータースポーツで得てきたノウハウを市販車にフィードバックしていますので、かなりの強くて快適な素晴らしい車ができあがるわけですよね。特にノートニスモ以外にもマーチニスモやフェアレディーZニスモやジュークニスモRSやスカイラインGTRニスモなど色んな車種があるのですよ。しかしながら共通していることは空力部品ですよね。かなりのこだわりとサーキットで実際にレーシングドライバーが車のセットアップをして開発に加わっていることもかなり影響しています。値段的にはもう少し安くしてほしいですよね。

 

33714c2a0b74275431fd2a86093e6ab3_s

黄砂でフロントガラスが汚れることが多いとき、ウォッシャー液を多用していました。一週間で使い切ってしまい、ちょうどその時が夜中だったので不本意ながら水道水を注入しておきました。あとから車が壊れるのではないかと怖くなったので知人に相談しましたが、特に問題はないとの返答を受けたのでひと安心しました。
水道水をウォッシャー液として初めて使ってみると、たしかに不都合なことはありませんでした。黄砂を洗い流すことができますし、鳥のフン程度であればウォッシャー液と変わらないほどの洗浄力を発揮してくれます。それに、コストパフォーマンスも良いのではないかと思ったので、今後はウォッシャー液を購入しないで水道水を使おうと考えたほどです。
愛車のフロントガラスに青カビが発生してしまったのは、ちょうど水道水をウォッシャー液代わりにしてから1ヶ月半が経過したときのことでした。最初は誰かのイタズラかと思いましたが、そもそも私は人から恨まれるようなことをした覚えがありません。紛れも無く水道水が原因だと考えたので、すぐにウォッシャー液を購入して注入しました。すると、青カビが発生するようなことはなくなりました。水道水は、洗浄力だけで考えればコストパフォーマンス抜群だと思います。

車を売る前にチェックしておきましょう→ホンダフィットの買取査定

94d362fbb0dc5c1919b3785bcd8d7662_s

自分は、昔からスポーツカーが好きです。やはり見た目がカッコいいというのと、早いということ、その両面から、好きです。今は、家族がいるため、そういう車に乗ることはできませんが、いつかはスポーツカーに乗ってみたいと思います。特に乗ってみたい車は、日産のシルビアです。もうこの車は製造されていませんが、自分が20代の時にはまだ最後のモデルが売られており、とてもほしかったのを覚えています。当時はお金がなくて買えなかったのですが、いまなら中古であれば手に入れられると思います。しかし、維持費がとてもかかりそうなので、結局あきらめています。現在日本車でスポーツクーペというと、トヨタの86が有名でしょうか。それ以外に2リッタークラスのスポーツカーというのはないような気がします。ランエボやインプレッサなどもあるのですが、価格的に手が届かない感じです。もう少し安く手に入るスポーツカーがあればいいのにと思います。軽自動車であればホンダS660などがありますが、エンジンが所詮軽自動車なので、非力な感じは否めません。やはり車は現代人にとって、移動の手段と言う意味合いが強いのかも知れません。これからも楽しい車が出てくるのを期待して待っていたいと思います。