» 車の購入のブログ記事

218b4a175fa82a1101f51fd5b9a3cc93_s

日産プリメーラは、日産がかつて発売していたセダンタイプの乗用車です。
初代は1990年に発売され、これまでにないパッケージングでヒットしました。ヨーロッパ市場を意識した車であり、非常に室内空間が広い車となっています。
走りについても非常にしっかりしたものであり、幾分サスペンションが固めにできており、こういった点でも、ヨーロッパを意識した車であると言えるのではないでしょうか。
エンジンも非常にパワフルで、カローラやサニーよりは上のクラスの車だったと言えるかもしれません。
ワゴンタイプも発売されていましたが、やはり本命はセダンといえるのではないでしょうか。
近年はセダンの販売が低迷しており、こういった手頃な価格で買えるスポーツセダンというものがなくなってしまいましたが、自分はやはり車の基本はセダンであると思っており、こういった車が復活してほしいと思っています。
1990年代までは、こういったセダンタイプの車が沢山あったとおもいます。
トヨタもカムリやチェイサー、コロナなど、たくさんのセダンタイプの自動車を発売していました。
セダンという車は、たくさんの荷物は運べませんが、デザイン、実用性のバランスが取れているのではないかと思います。

3745ee82c155b1671025c1e67c2ce9c4_s

ジムニーやハスラー、エスクードなど、レジャーシーンに強く遊べるSUVを世に送り出しているスズキが、新たに遊べるコンパクトSUV「イグニス」をデビューさせました。
1.2Lエンジンに低燃費なマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた、5ナンバーサイズのコンパクトなイグニスは、スズキがSUV造りで培ってきた技術を惜しみなくつぎ込み、いかなる路面状況やシーンでも楽しく走れる車になっています。
エスクードと最新型アルトを合わせたかのような、押し出しの強い角形ボディを持つイグニスは、走行状況に応じて自動的に前後輪にトルクを配分する最先端の4WDシステムと、雪道や凍結路での発進・走行をアシストするグリップコントロール、急な下り坂も安全に降りられるヒルディセントコントロールなど、どのようなシーンでも安全・快適に走れる性能を持っています。また、前方の障害物を検知するデュアルカメラブレーキサポートや、駐車が楽になる全方位モニターなどの最先端の安全技術も搭載されています。
ラゲッジルームは広いうえに開口部が広く、リヤシートを折り畳めばフラットな荷室が完成し、数多くの荷物を積み込むことができます。リヤシートはスライドが可能で、ゆったりした空間を作ることができます。

 N BOX 値引きしてもらえる裏ワザをチェック!

近頃では、中古車に関しての情報が、積極的に共有されるようになり始めているのではないかと考えられています。簡単に情報を共有できる環境が構築されるようになりつつあるため、中古車を取り扱っている業者などが中心となってこうした取り組みに参画するようになりつつあるとされています。また、今後中古車を購入しようとしている人にとっては、こうした情報共有の場は活用されるべきものとして考えられているため、多くの人が利用できるようにすることも希求されるのではないかと思います。

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

最近ではインターネットを通じて中古車販売に関しての情報が共有されるようになってきており、様々なエリアの人がこのような場に参加していると推測されています。自分の住むエリアでどのような中古車が販売されているかなど、複数の観点から中古車にまつわる情報が掲載されているため、多くの人たち対してに有益な情報がもたらされるようになっていくのではないかと思います。今後はこうした中古車の情報共有の場が、より多くのところで提供されるようになっていくものとみられています。そのため、中古車の情報を知りたい人が、数多く集まるようになっていくのではないかと期待が抱かれています。

218b4a175fa82a1101f51fd5b9a3cc93_s

コンパクトFRとして一世を風靡したAE86型のスプリンタートレノ・カローラレビン。
「ハチロク」の愛称で呼ばれ、某漫画の影響で今でも根強い人気を誇る名車である。

その名車のコンセプトであるコンパクトFRを基に開発されたクルマが「86」である。
トヨタ自動車と富士重工業の共同開発ということでスバルブランドからは「BRZ」として発売されている。

国産車には少ないFR車ということで発売前から非常に話題になったモデルである。
しかし名前がややこしい。AE86のことを「ハチロク」と呼んでいたわけだが、86も「ハチロク」と呼ばなくてはならない。
「ハチロク」の話をするときはどっちの「ハチロク」の話なのか前置きが必要になってしまう。もうちょっとネーミング、なんとかならなかったものか。

AE86のコンパクトFRというコンセプトを引き継ぐのであれば5ナンバー枠に収めて欲しかった。
衝突安全基準等で仕方のない部分もあるとは思うが…3ナンバー枠の車両に「コンパクト」とは言い難い。

しかし、国産車としては非常に希少なFRスポーツカー。手軽な価格も非常に魅力的である。
開発、販売していただいたことに関しては非常に素晴らしいと思う。
ミニバン一辺倒な感のある自動車市場。もっとスポーツカーが盛り上がってくれると嬉しいものである。

c31d2561406675125ccd294e1656d88e_s

三菱自動車の小型トールワゴン「トッポワイド」は、同社のトールワゴン型軽自動車「トッポBJ」をベースとして開発され、1999年から2001年の間生産・販売されました。
ライバルであるスズキのワゴンRワイド・ワゴンRプラス(後のソリオ・デリカD:2の前身モデル)などとともに軽自動車をベースとしてリッターカーに仕上げた一台です。
ボディスタイルは、ベースのトッポBJと基本的なサイズや車内空間は殆ど変化はありませんが、樹脂製の大型バンパーやオーバーフェンダーを追加装備し、丸型ヘッドライトを採用した独特のデザインになっています。
グレードは1グレードのみです。
エンジンは同社のパジェロJr.やタウンボックスワイドにも搭載されていた4A31型・1.1L直列4気筒SOHCガソリンエンジンを搭載、リッターカーとなったことで軽自動車よりも余裕のある走りが可能で、高速走行もトッポBJよりも安定しています。
トランスミッションはフロアシフト4速オートマチックのみ、駆動方式はFFとフルタイム4WDが用意されていました。
リヤドアはベースのトッポBJ同様右に開く横開きタイプで、メーカーオプションでリヤガラスハッチが装備され、狭い駐車場などでの荷物の出し入れに重宝します。

65aa53fe4d3a47272e71c35db5702d3b_s

みなさんはどのような車に興味をもっているのでしょうかね。私が最近車で興味を持っている車があるのですが本当に高いですよね。しかし色んなメーカーさんから色んな車が存在しますがこのような車は本当になかなかめずらしいのではないのでしょうか?日産のノートニスモSというくるまなのですが本当にすごいくるまではないのかなとおもっています。特に世界最高峰はF1といわれていますが世界の最高峰のツーリングカーのレースはスーパーGTです。そのなかでこのレースではホンダとトヨタと日産が再戦しているのですが、日産はスカイライン35GTRをつかって数々の優勝をしています。特に日産モータースポーツインターナショナルのニスモはモータースポーツで得てきたノウハウを市販車にフィードバックしていますので、かなりの強くて快適な素晴らしい車ができあがるわけですよね。特にノートニスモ以外にもマーチニスモやフェアレディーZニスモやジュークニスモRSやスカイラインGTRニスモなど色んな車種があるのですよ。しかしながら共通していることは空力部品ですよね。かなりのこだわりとサーキットで実際にレーシングドライバーが車のセットアップをして開発に加わっていることもかなり影響しています。値段的にはもう少し安くしてほしいですよね。

 

94d362fbb0dc5c1919b3785bcd8d7662_s

自分は、昔からスポーツカーが好きです。やはり見た目がカッコいいというのと、早いということ、その両面から、好きです。今は、家族がいるため、そういう車に乗ることはできませんが、いつかはスポーツカーに乗ってみたいと思います。特に乗ってみたい車は、日産のシルビアです。もうこの車は製造されていませんが、自分が20代の時にはまだ最後のモデルが売られており、とてもほしかったのを覚えています。当時はお金がなくて買えなかったのですが、いまなら中古であれば手に入れられると思います。しかし、維持費がとてもかかりそうなので、結局あきらめています。現在日本車でスポーツクーペというと、トヨタの86が有名でしょうか。それ以外に2リッタークラスのスポーツカーというのはないような気がします。ランエボやインプレッサなどもあるのですが、価格的に手が届かない感じです。もう少し安く手に入るスポーツカーがあればいいのにと思います。軽自動車であればホンダS660などがありますが、エンジンが所詮軽自動車なので、非力な感じは否めません。やはり車は現代人にとって、移動の手段と言う意味合いが強いのかも知れません。これからも楽しい車が出てくるのを期待して待っていたいと思います。

私の知り合いに中古車販売をしている人がいます。その人は、元々は車の整備をやっていた人なのですが、それほど修理依頼も入らなくなってしまい、結局は中古車店で働き始めたのです。

3ef30055a82e948a66cc6f1b0b96a999_s
中古車店のスタッフとして働いていながらも、新しく入ってくる車のメンテナンスや、すでに販売した車のアフターサービスなどをメインにやっていて、自動車修理の技術が大いに生かされていると言うことです。

そして、お客さんに車の販売トークをすることもありますが、車の中身を熟知しているので、どうしてリーズナブルに車が提供できるのか?あたりや、消耗品の交換の時期などの質問に対しても的確に答えてくれます。

なので、営業的なトークがうまい人ではないのですが、それなりに営業成績もアップしてきているとのことです。私も、中古車を購入する際にはその友人に何度も話を聞くようにしています。

車に関しては、見た目の華やかさとは別に、メンテナンスにおいてどの部分に注意すべきかがポイントです。見た目はあと何年も使いそうな中古車であったとしても、中身が長持ちしない状態であるというのは良くあることです。

そのあたりを目利きで教えてくれる、車の中身に精通している人は助けてくれる場面も多いのです。

自分の乗っていた車のミッション系が故障し、交換で50万円以上かかることが判明。
仕事でも使っているので、とりあえず安くてすぐ手に入る車ということを条件に探していたところ、アウディの中古車が2台候補にあがりました。
同じ車種・モデルなのですが年式が異なるので、見た目も少し違います。
最大の違いは、
A車:年数 10年、走行距離 15,000Km
B車:年数 5年、走行距離 150,000Km
と、年数と走行距離が大きく異なるものでした。
価格は同じです。

A車の方については、「10年も乗ってて走行距離が15,000Kmなんて、そんなはずはない。改ざんか、コンピューター途中で交換してるんじゃないの?」と疑いの目で見ていましたが、車検証をみるとそんなことなさそうでした。
B車の方は代車として出してくれていて、乗った感じは、すごくエンジンの調子も良く快適な走りをしていました。
ただ、外観で塗装がはげ落ちてるところがあるのがちょっと気になるところ。

迷いに迷い、知り合いの車関係の仕事をしている人に相談した結果、ゴム系など年数的な劣化はあるかもしれないが、走行距離が短い方が他の箇所への負担も軽く、自分だったら、走行距離の少ない方を選ぶ、とのアドバイス。
150,000Kmも走っているということは、ほかの部分にも負担がかかっていて、いろいろ交換しなくてはいけない部分がこれから出てくる可能性が高い。
とりあえず車が必要で使用期間が短いなら、お金がかからない方が良いのではないか。とのご意見。

なるほど〜と納得し、年数は古いが走行距離の少ない方を選びました。

c048e38155ed40f3595543d2bce10134_s

しかし、購入したのは春先だったので問題なかったのですが、夏が近づくにつれエアコンを使ってみると、センターコンソールの吹き出し口から風が出てきません。
コンプレッサーを交換したのですが改善されない。
そこでよくよく調べたら、空気を送るパーツが変形していてふさがっている状態でありことがわかりました。
修理するにはコンソールを外したり大変な作業。結局そのまま乗ってます。

中古車を購入するときは、年数や走行距離だけではなく、エアコン等必需品が動くかどうかの確認が大切だと思い知らされました。

822520366f277eb4334e747dc8fe5390_s

現在では、多くの地域において中古車フェアの定期的な開催が実践されているのではないかと考えられています。このようにして中古車を一斉に販売する機会を設けることにより、多くの人々が気軽に自動車を購入できるようになるのではないかと推測されています。かねてからこのような取り組みを行っている地域もあり、複数のディーラーが販売する中古車を同一の会場に持ち寄る形式がしばしばとられているのではないでしょうか。
体育館や広場などを活用する形式で、このような中古車フェアが展開されるケースが目立ち、注目を集めています。定期的にこのような機会を作ることで、ディーラーにとっては利益を獲得するチャンスとなるでしょう。また、中古車を購入したいと考える人には低価格で購入できる機会になり、購入を検討している人にとってもどのような中古車が販売されているかを気軽にチェックできる場となるのではないかと思います。様々な立場の人にとって大事な機会となるため、継続的に中古車フェアを展開することが希求されていくのではないでしょうか。また、中古車フェアを新規に開催する地域も、多数見受けられるようになるのではないかと考えられており、期待が寄せられると推測されています。